あなたにぴったりの脚やせレギンス大解剖
TOP » 履いてみたい!人気脚やせレギンス一覧 » メディキュット

メディキュット

ここではメディキュットのセールスポイントや口コミをまとめています。

セルライト撃退加圧スパッツ メディキュット

メディキュットのセールスポイント

寝ながらメディキュット

「寝ながらメディキュット」は、睡眠時に最適な着圧を施すことで、足のめぐりをよくしてむくみを改善し、すっきりした脚で翌朝を迎えられることを目的とした着圧ソックスです。

寝ている間はあまり強く締め付けてしまうと、逆に血流を妨げてしまうので、低めの圧力に調整することで脚の代謝を高めます。

メディキュットにはさまざまな種類の着圧ソックスがありますが、「寝ながらメディキュット」はつま先が空いているタイプなので、寝ている間に汗でムレてしまうことがなく、朝まで快適に使用できる点もポイント。

寝ている間は意外と汗をかきやすいので、通気性をよくすることで不快感なく使用できるように作られています。頑固な脚のむくみに悩んでいる人におすすめの製品です。

おそとでメディキュット

「おそとでメディキュット」は、独自の技術で工夫された圧力を少し強めにかけることで、動いているときの負荷を大きくし、ダイエット効果をうながすように作られた着圧ソックスです。

ハイソックスタイプやレギンスタイプ、フィットネスアップといった種類があり、種類によって長さや作りが異なります。

しっかり運動量を得たい人はヒップまでカバーしているトレンカタイプを、ファッション制重視で普段遣いしたい人はハイソックスなど、用途によって使い分けられる豊富なラインナップがうれしいですね。

「おそとでメディキュット」は、むくみを改善、予防するタイプと、強い圧力で運動量を得るタイプの2種類に分かれていますので、用途や使用感に応じて選ぶとよいと思います。

おうちでメディキュット

「おうちでメディキュット」も、膝下やスパッツタイプなどの形のラインナップが豊富であると共に、高圧力でむくみを協力に改善するものや、むくみを予防する適度な圧力のものなどがあります。

いずれも、「おそとでメディキュット」よりも圧力は低めです。自宅でリラックスできる程度の圧力なので、着圧ソックスの使用が初めてで、まずは気軽に使用できるものから試してみたいという人におすすめします。

むくみの症状を改善するだけでなく、適度な圧力がとても心地良いので、リラックスして強いようできるのもポイントです。長さを揃えて、その時の足の状態によって使い分けるというのもいいですね。

くつろぎメディキュット

「くつろぎメディキュット」は、適度な圧力で足を引き締めながら、足の指を開いてリラックスさせることができる着圧ソックスです。

足の指を開くことで、末端の血流が改善し、むくみを解消する効果もありますが、何より気持ちがよいのでゆっくりと足の疲れを癒やしながらくつろぐことができます。

ほかのメディキュットシリーズと比較するとやさしい使用感なので、しっかりした圧力で協力にむくみを改善したいというよりも、リラックスしながら足をリフレッシュさせたいという人に適しています。

特に、毎日ハイヒールを履いていてつま先が圧迫されているという人や、ムレやすい靴を履くことが多いという人におすすめです。

はたらきながらメディキュット

「はたらきながらメディキュット」は、長時間使用するのではなく、むくみを感じたときや足をリフレッシュさせたいときに、短時間使用するのに適した形で開発された着圧ソックスです。

ソックスというよりは、足首から膝下まで使用する筒状のタイプで着脱しやすいように作られているのが特徴。しっかり圧力がかかるので、2時間使用してすぐに脱げるように扱いやすい作りになっています。

長時間家事をしていたら足がむくんでしまったというときや、これから立ち仕事になるのでむくみを予防したいというときに、サッと取り出して使えるのがポイントです。

良い口コミ

悪い口コミ

総評

高評価の人は、本当に満足しているようです。低評価のほうは、機能そのものよりも圧の強さや材質のほうに問題があるようですね。改善を期待します。

メディキュット推し!むくみ太りさんの体験レポートはこちら

メディキュットの商品情報
料金 14,900円(7着セット) 約2,190円(単品)
サイズ M-L、L-LL
ブラック
素材

ナイロン、ポリウレタン、キュプラ

保証 記載なし

メディキュットはどんな脚のタイプに合うの?脚お悩み女子が3日間検証した「おすすめ脚やせレギンス」↓もCHECK!

あなたは何太りタイプ?4 タイプの 脚お悩み女子が 検証! おすすめ 脚やせレギンス
買う前にチェック!脚やせレギンスの常識
ウソ?ホント?脚やせの噂検証します
TOPへ戻る