あなたにぴったりの脚やせレギンス大解剖
TOP » 買う前にチェック!脚やせレギンスの常識

買う前にチェック!脚やせレギンスの常識

これから初めて脚やせレギンスを購入する方に、選び方のヒントを紹介します。

脚やせレギンスの選び方【購入前編】

脚やせレギンスのサイズ選び

脚のセルフケアをしている女性のイメージ

着圧レッグウェアは、つい締めつけ感にばかり注目してしまい、自分の体に合っていないものを使っている人が多いのでしょうか。強い締め付けが好みの人は、普段のサイズよりワンサイズ下のレギンスを選んだ方が脚やせに効果的だと思いがちですが、それは間違いです。過度の圧力は、しゃがんだり座ったり同じ体勢を長時間続けてしまうと、関節などに圧が集中し、うっ血を起こしたり湿疹が出たりするケースもあります。

脚やせレギンスのサイズ表記はS・M・L表示が主流ですが、ウエスト・ヒップ・身長など、具体的なサイズをイメージしやすい「cm」が記載している商品を選ぶようにしましょう。ただし、“自分に合った適正サイズ”を見極めるのは、実際に履いてみるか、購入者の口コミなどからサイズ感を探っていくほか方法はありません。また、販売サイトが購入後の返品交換に対応しているかは必ず確認するようにしましょう。

着圧レギンスの脚やせ効果は種類によって違う??

着圧レギンスはそれぞれ継続的に履き続けることで、徐々に脚痩せ効果が出てきます。

確かに履くだけでも一定の圧力で締め付けるわけですので、一時的に足を細くする効果があり、さらに黒色のレギンスなら視覚的にも細く見えます。しかし、基本は適度な加圧を日々かけ続けることが重要です。

自分の体にあう着圧レギンスを履くと、ほどよい圧力が下半身にかかることで血液循環が良くなり、新陳代謝も良くなることで脂肪燃焼効果があがるとされています。脂肪燃焼が活発になることでダイエットになり脚痩せ効果が期待できるということです。

また、血液循環が良くなることで脚のむくみも改善されることも脚痩せ効果の一つです。

脚やせレギンスの加圧レベル

脚やせレギンスは、商品によって加圧のレベルが違いますが、レベルが高いほど効果が期待できるとは一概にいえず、むくみの程度によって効果があるレベルが異なります。

加圧レベルの単位は「hPa(ヘクトパスカル)」で表示されます。軽いむくみには約13~26hPa、中度~重度のむくみには約26~40hPaの加圧レベルで選ぶと良いでしょう。脚やせレギンスは、足首から太ももまで圧力が段階的に弱くなる段階着圧という設計になっています。また、昼用・夜用に分かれているので、着用する時間によって使い分けましょう。昼も夜も同じものを使用しないでください。一般的には、40hPaを超えるものは圧力が強すぎるとされています。

脚やせレギンスの丈の長さ

脚やせレギンスの丈は、足先から膝下までのハイソックスタイプの「ショート」、「足先から太ももまでのオーバーニーソックスタイプの「ロング」、ロングよりも長く太ももの付け根まである「フルレッグ」、そしてパンストタイプの「スパッツ」。以上の4通りで表示されています。

脚やせレギンスの生地・素材

脚やせレギンスの素材はほどんどの商品がナイロン、ポリウレタンなどの化学繊維を使用しています。素材は同じでも織り方などの各メーカーの加工方法によって肌触りは変わってきます。こちらも実際の良し悪しは、サイズ感と同様に口コミなどから判断するほかありません。敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は、肌に合わないと感じたらすぐに使用を中止しましょう。また、素材が良くても脚に圧力をかけること自体が、肌にダメージを与え湿疹やかゆみが出る可能性もあるので要注意です。

夏用の着圧レギンス

「着圧レギンスを履いて脚痩せしたいけど夏は暑いし・・・」という方には夏用の着圧レギンスもちゃんとあります。

締め付けが強いと蒸れますし、なにより暑いというのが気になります。しかし、夏用のレギンスは素材も改良されていて肌触りも良くなっています。

さらに軽量化されていて薄くてなおかつ着圧効果もあるという商品が案外たくさんあります。

通気性もよく速乾性のものも多数ありますので、せっかく継続して履いた着圧レギンスを夏だからと言って履くのを中断せず脚痩せを目指しましょう。

加圧をするだけでなぜ細くなるの?

どうして履くだけで効くのでしょうか?脚やせレギンスの加圧(着圧)の効果とメカニズムについて調べてみました。

加圧がナゼ効く?脚やせレギンスの加圧効果を詳しく見る

あなたは、正しい履き方で履けてる?

脚やせレギンスの正しい履き方をもう一度おさらいしましょう。正しい位置で履いていないと、圧力のバランスが悪くなり効果が発揮できません。

脚やせレギンスの正しい履き方を詳しく見る

昼用・夜用は何が違う?

家で履く?外で履く?脚やせレギンスの昼用と夜用の活用法をおさらい!自分の生活スタイルに合わせて、着用する時と種類を選びましょう。

脚やせレギンスの昼用・夜用の違いや活用法を詳しく見る

着圧レギンス・ソックス・タイツはどう違う?

脚やせレギンスのほかにも、着圧レッグウェアにはソックスタイプ、タイツタイプなどの選択肢が揃っています。それぞれの特徴をまとめてみました。

脚やせレギンスとソックス・タイツの違いを詳しく見る

医療用の方が効くのかな?

医療用の弾性ストッキングと脚やせレギンスの違いについてまとめてみました。

弾性ストッキング(医療用)との違いを詳しく見る

脚やせレギンスのリスクが気になる

こんな人は危険!着圧スパッツは体質や持病・症状により、使用前に医師に確認することが必要なケースもあります。

着圧スパッツのここが危険!注意点を詳しく見る

脚やせレギンスのデメリットが気になる

脚やせレギンスのデメリットを調査!失敗しないために、購入前のチェックポイントをご紹介します。

脚やせレギンスのデメリットを詳しく見る

あなたは何太りタイプ?4 タイプの 脚お悩み女子が 検証! おすすめ 脚やせレギンス
買う前にチェック!脚やせレギンスの常識
ウソ?ホント?脚やせの噂検証します
TOPへ戻る