あなたにぴったりの脚やせレギンス大解剖
TOP » 買う前にチェック!脚やせレギンスの常識 » 家で履く?外で履く?

家で履く?外で履く?

脚やせレギンスは、活動する日中に履く昼用は圧力強め、体を休める夜用は、圧力が弱めといったように、使用シーンを想定して作られているものもあります。自分の生活スタイルに合わせて、着用する時と種類を選びましょう。 

昼用は圧力強め

圧力強めの昼用は、脚を引き締め、疲れを予防・軽減し、姿勢をサポートするなどの効果が期待できます。また体を動かすことで、脂肪燃焼のサポートもしてくれます。

営業職や現場で働く職種など一日中外で動き回っている人や、レジ打ちなど立ち仕事の多い人、またデスクワークの人は、仕事中に脚やせレギンスを着用すると、動きや姿勢をサポートしつつ、血行とリンパの流れを促進してむくみを軽減してくれます。

夜用は圧力弱め

夜用はリラックスして就寝できるように、弱めの圧力で一晩中脚をじっくりサポートしてくれます。膝上のたるみや、かかとのケアもしてくれるタイプもあります。夜用を履いて寝ると、翌朝はスッキリと目覚めることができます。

また仕事から帰宅して、夜就寝するまでのリラックスタイムに着用する商品もあり、疲れてパンパンになった脚を、短時間に集中してケアできるよう、圧力が強めになっています。

シーンごとの使い分けで快適な履き心地を実現

立っていることが多い昼と、横になって身体が平たくなっている夜では姿勢が違うために、レギンスの設計・機能・デザインが根本的に違います。

素材も夜用は、通気性と肌触りが良いものを使用し、体温の放出を邪魔しないようにふくらはぎまでの長さになっています。

昼用を履いて夜寝ると、圧力のかかる位置がずれて効果はなく、脚が蒸れてしまい、圧力が強すぎて血行不良になりがちです。逆に夜用を昼間履いても、圧力が弱すぎて本来の効果はなくなってしまいます。

昼用と夜用の脚やせレギンスを紹介しましたが、あなたは昼間の活動時に外で着用しますか?それとも自宅でのリッラクスタイムに着用しますか?

もちろん、昼夜用を使い分ければ一日を通しての着用もOKです。ただしその場合は、連続しての長時間使用は避けてくださいね。下記ページでは、それぞれの活用法についてまとめています。

おうち・おすすめ活用法を見る おでかけ・おすすめ活用法を見る
あなたは何太りタイプ?4 タイプの 脚お悩み女子が 検証! おすすめ 脚やせレギンス
買う前にチェック!脚やせレギンスの常識
ウソ?ホント?脚やせの噂検証します
TOPへ戻る