あなたにぴったりの脚やせレギンス大解剖
TOP » 買う前にチェック!脚やせレギンスの常識 » 脚やせレギンスの正しい履き方

脚やせレギンスの正しい履き方

せっかくの脚やせレギンスですから、効果を得るために正しい履き方をしましょう。

各パーツがフィットするように履く

脚やせレギンスは、足首・ふくらはぎ・太もものパーツごとに効果のある圧力になっている段階着圧の構造です。そのため、正しい位置で履いていないと、圧力のバランスが悪くなり効果がなくなります。

脚やせレギンスは伸縮性があまりないので、足先からシワを伸ばしながらていねいに、各パーツにフィットするように履きましょう。

  1. 左右どちらかの脚からスタート。レギンスを手繰り寄せて、爪先をゆっくり通していく
  2. 輪を大きく広げ、かかと補強部分に合わせる
  3. 足の甲から足首まで履けたら、両側の親指をレギンスの内側に入れ、力が均等になるように少しずつ引き上げる
  4. 生地がよじれないように注意しながら、膝までしっかり引き上げる
  5. 片方の脚も同じように膝まで履く
  6. 太ももまで片足ずつ交互に引き上げる(爪を立てないよう注意する)
  7. 股下を合わせてウエストまで力いっぱい引き上げ、ヒップをフィットさせる
  8. 膝を曲げたりしゃがんだりしてみて、シワが多く寄ってしまったり、引きつる感じがないか確認する

脚やせレギンスを履く時の注意点

脚やせレギンスは脚を加圧するレッグウェアなので、通常のレギンスにくらべて伸縮性も低く、締め付けがきつく感じます。履く際には手指の力を使うので、生地を傷つける恐れがあるアクセサリー類は予め外しておきましょう。また、手足の爪は切って滑らかに整えてください。

脚のサイズに合ったレギンスを

足首・ふくらはぎ・太ももの周りを測り、どの部分のサイズを目安に商品を選ぶのが良いのかを見極めて、商品を選びましょう。大柄な人は小さいサイズで妥協しないで、大きいサイズがある商品を選ぶようにしましょう。

重ね履きはしない

重ね履きは加圧が強くなり過ぎるので、避けたほうが良いでしょう。より高い効果を期待すると脚やせレギンスを重ねて履きたくなりますが、加圧が強すぎると逆に血流を圧迫してしまうので、逆の効果を招いたり、かゆみや発疹などの肌トラブルが生じたりすることがあります。また、通気性も悪くなります。

長時間の着用はNG

脚やせレギンスの着用は血行が良くなるなどの効果はありますが、長時間着用することがクセになると、自分の力で血行を良くするという本来の身体機能が弱ってしまう可能性があります。 そして圧力レベルが高いレギンスほど、長時間の着用は血行不良になりがちです。身体のコンディションによっても、長時間の着用で気分が悪くなり吐き気が出たり、しびれや痛みなどを感じたりする場合もあります。

そのような時は、使用を中止しましょう。 レギンスを履く時間を適度にすることが、血流促進のサポートをしているのですから。また、肌のトラブルになる可能性もあるので、着用は1日に12時間までにしましょう。

あなたは何太りタイプ?4 タイプの 脚お悩み女子が 検証! おすすめ 脚やせレギンス
買う前にチェック!脚やせレギンスの常識
ウソ?ホント?脚やせの噂検証します
TOPへ戻る